ここから本文です

巨人“守乱”で逆転負け…老川オーナー苦言「とにかくエラーが多すぎる」

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 「巨人2-5ヤクルト」(17日、東京ドーム)

 本拠地のG党もガックリと肩を落とした。巨人は守備の乱れが響き、痛い逆転負け。失策数は10試合を残して過去5年ワーストの81で、高橋監督は「このところミスが出て負けることが多い。なんとかしないといけないですね」と表情を曇らせた。

 痛恨事は1点リードの六回2死一塁。西田の左前への打球をギャレットが判断を誤り後逸。記録はヒットで、同点二塁打としてしまい「照明が入って、一瞬球を見失ってしまった」と唇をかんだ。

 この日は他にも辻の悪送球に、村田の三ゴロ失策。球場に訪れた老川オーナーも「とにかくエラーが多すぎる。こんなことを繰り返しては、短期決戦の時に巻き返すチャンスを自分で失ってしまうようなもの。もう一回気を引き締め直してもらわないと」と苦言を呈した。

 11連戦の4戦目で既に3敗目と暗雲が漂い、ヤクルトには東京ドームで今季初黒星だ。「結果がついてくれば流れが変わる?そうですね。結果が全てですからね」と指揮官。状況を一変してCSに臨まなくてはいけない。

最終更新:9月18日(日)7時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。