ここから本文です

<水族館>ダイオウキジンエビ?…北の海の珍魚介類が人気

毎日新聞 9月18日(日)11時30分配信

 東日本大震災で被災した福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまでは、北海道の漁師の協力を得て採取した、水族館での展示例がほとんどない北の海の珍しい魚介類が人気を集めている。

 2階展示コーナーでは、色鮮やかで形がユニークな生き物が入った水槽がずらりと並ぶ。水温は1~3度。今年4月に始まった企画で、魚やエビなどを常時約80種展示し、これまで珍しい約30種を紹介した。

 「レア度、星五つ。知床では炭火焼きで食べてます」。世界最大のエビジャコ科の「ダイオウキジンエビ」の説明に笑い声が漏れ、新潟県の会社員は「見ても楽しいが、ぜひ食べたい」と話した。

最終更新:9月18日(日)12時11分

毎日新聞