ここから本文です

川崎F 首位陥落…大久保一発退場…憲剛「冷静さが欠けていた」

スポニチアネックス 9月18日(日)7時1分配信

 ◇明治安田生命 J1第2S第12節 川崎F2―3大宮(2016年9月17日 熊谷陸)

 勝てば年間勝ち点で3位以内が確定し、初のチャンピオンシップ出場が決定するはずだった大一番。川崎Fはエースの退場が響いて競り負けた。

 前半36分、右CKから逆サイドでこぼれ球を狙った大久保が大宮のMF家長のファウルで転倒。倒れたまま家長の足を引っ掛けようとした大久保が起き上がると、これを見ていた相手MF横谷に背中を押されて再び倒された。そして今度は起き上がりながら大久保が横谷の腹部に頭突き。エースが主審の目の前で報復行為に出て一発退場となった。15年10月24日の横浜戦以来、12度目の退場でストイコビッチのJ1リーグ最多記録にあと1と迫り、敗戦を招いた。

 「今日はない」と取材に応じなかった大久保だが、関係者に「(反スポーツ的な行為を)やってしまったのは悪いが、その前のプレーで(相手の挑発を)止めてほしかった。それに映像を見てもらえば分かるが、頭は相手に当たっていない」と漏らしたという。最近は若い頃のやんちゃなイメージは影を潜め、退場の回数は激減。挑発に乗ることも少なかったが、この日は試合後もあいさつの際に両チームの選手が小競り合いをするなど後味の悪い試合となった。

 中村は「自滅というか1人減るとどれだけ大変か、嘉人(大久保)も自覚していると思う。冷静さが欠けていたという一言につきる。今日に限って挑発に乗ったのは不思議」と話し、風間監督は「試合を(大久保の退場が)壊してしまった。もう少し冷静にサッカーをしなければ」と嘆いた。

 10人となって先制を許しながら一度は2―1と逆転。しかし、終盤に運動量が落ちて再逆転を許し、チャンピオンシップ確定どころかステージ3位に落ちた。次節25日の横浜戦は大久保に加えてエドゥアルド・ネットも警告累積で出場停止。川崎Fの真価が問われる。

 ≪ピクシーに続くJ1ワースト2位≫大久保(川崎F)が前半36分にレッドカードで一発退場。大久保の退場は昨年10月24日・横浜戦以来、J1リーグ通算12度目。12度は歴代ワースト2位で、最多のストイコビッチ(名古屋)の13度にあと1回に迫った。ただし、大久保はプロ10年目までに退場11回とハイペースだったが、11年目から今季までの6年間では今回が2回目と大幅に減少している。

最終更新:9月18日(日)17時57分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]