ここから本文です

秋摘み新芽の茶バーガー 期間限定で登場 牧之原

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月18日(日)8時25分配信

 丸七製茶(藤枝市)は秋摘みの新芽の茶葉の天ぷらと、JA遠州夢咲のブランド牛「遠州夢咲牛」のハンバーグを使った「お茶バーガー」を牧之原市西萩間の観光施設グリンピア牧之原で期間限定で販売する。

 敷地内にある創作和食店「丸尾原」で18、19、22、24、25の各日のみ、1人前900円で提供する。茶園を臨むテラス席で楽しめる。25日まで連日、秋摘み新芽の天ぷら食べ放題をメインにした会席膳も提供する。玉露うどんや茶飯、茶葉で育てた鶏の卵焼きなども付く。同社が運営する「ななや」の抹茶ジェラートをセットにすることもできる。

 問い合わせはグリンピア牧之原<電0548(27)2988>へ。

静岡新聞社

最終更新:9月18日(日)12時24分

@S[アットエス] by 静岡新聞

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。