ここから本文です

ブレーメンがスクリプニク監督の解任を発表…今季ブンデス1人目の監督交代

GOAL 9月18日(日)21時21分配信

ブレーメンは18日、ウクライナ人指揮官ビクトル・スクリプニク監督(46)の解任を発表した。2016-17シーズン、ブンデスリーガ1部における最初の監督交代だ。

ブレーメンはDFBポカール1回戦で3部所属のロッテ相手に敗退すると、リーグ開幕節でバイエルン・ミュンヘンに0-6で大敗。続くアウクスブルク戦(1-2)、ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)戦(1−4)も落とし、今季公式戦全敗と惨憺たる状況に陥っている。

17日のボルシアMG戦での低調ぶりが、2014年10月からトップチームを率いるスクリプニク監督解任の決定打となった。フランク・バウマンSD(スポーツディレクター)は公式ウェブサイトで、「ボルシアMG戦でのパフォーマンスを受け、この決断を下した」と理由を説明している。

クラブはスクリプニク監督のほか、同指揮官のアシスタントコーチであるフロリアン・コーフェルト氏とトルステン・フリングス氏も解任。U-23チームを率いていたアレクサンダー・ヌーリ氏(37)が、暫定的にトップチームの監督を務めることになる。

●ブンデスリーガのライブ&オンデマンドを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

GOAL

最終更新:9月18日(日)21時21分

GOAL