ここから本文です

ヤクルト山田22打席ぶり安打「悔しかったので…」 東京ドーム全敗も阻止

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 「巨人2-5ヤクルト」(17日、東京ドーム)

 鋭い打球が三遊間を抜けると、ヤクルト・山田哲人内野手の顔がほころんだ。代打・飯原の中前適時打で試合をひっくり返した六回、2死満塁で打席へ。自身最長ブランクだった22打席ぶりの安打は、勝利を大きく引き寄せる2点打となった。

 「大事な時にチームに迷惑をかけていたのが悔しかったので、ああいうところで打てて良かった」

 チームは今季、東京ドームで10連敗中だったが、最後に全敗を阻止した。山田は自身の嫌なイメージも拭い去った。六回の打席、相手投手は山口から田原誠に。この右腕から7月30日に背中への死球を受け、これが元で8月に10試合の戦線離脱。その時以来の対戦だった。「逆に外に来るやろと思って、踏み込んでいった」と読み切った。この試合、3打点を挙げ2年連続で100打点に達した。

最終更新:9月18日(日)7時31分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。