ここから本文です

<福山雅治>せりふはほぼ下ネタ アドリブで吉田羊に「体をこすりつけながら……」

まんたんウェブ 9/18(日) 19:15配信

 歌手で俳優の福山雅治さんが18日、東京都内で行われた主演映画「SCOOP!」(大根仁監督)の完成披露プレミア試写会に出席。落ちぶれた中年パパラッチ役を演じた福山さんは、撮影時のエピソードについて、「せりふがほぼ下ネタだった」と明かし、「そういうせりふがいっぱいあるものだから、書かれてもいないのに、そういうことをしたくなった。(共演の)吉田羊さんとのシーンでも、書かれてもいないのに“しもい”(ネタの)アドリブというか。そのテーク、何回もやったけど、楽しくなっちゃって、最後は体をこすりつけながら。何でも受け入れてくださるので」と明かした。

【写真特集】二階堂ふみ、吉田羊ら豪華共演者も登場

 この日の舞台あいさつには、吉田さん、二階堂ふみさん、滝藤賢一さん、リリー・フランキーさん、大根監督も出席。福山さんとの撮影を振り返った吉田さんは、「アドリブも全部下ネタで。すごいナチュラルでした」と感心していた。

 「SCOOP!」は、1985年に劇場公開された原田眞人監督・脚本の作品「盗写1/250秒」が原作。芸能スキャンダルから社会事件までスクープという獲物を追い求める中年写真週刊誌カメラマンと新人記者が、日本中が注目する大事件に巻き込まれていく……という展開。10月1日に公開。

 「職業柄尾行されたりすることがある」と明かした福山さんは、「“撮る側”を演じることについては?」と聞かれると、「“撮られる側”として“撮る側”を演じるのは興味があった。どういう撮り方をするのかとか、追いかけっこをしているのかとか」と語っていた。

最終更新:9/18(日) 19:39

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]