ここから本文です

【BMW i8 試乗】強面でもやさしいって、ずるい…岩貞るみこ

レスポンス 9月18日(日)20時0分配信

新しいパワーユニットには、新しいデザインであってほしい。クルマを所有する喜びのひとつが、まわりから認知してもらうことだとしたら、注目を浴びるデザインは必須項目といえる。スポーツカーと呼ばれるクルマたちには、さまざまな主張とデザインがあるけれど、『i8』の存在感のあるデザインとそれを強調するような色使いは、PHEVであることを知らしめるに十分すぎる。

[関連写真]

背中をどつかれるように加速する感覚や、重量配分を考えられた設計からくるハンドリングの素直さは、デザインからのイメージどおり。かろやかで、しなやかでぶっ飛んでいて胸がすく思いだ。運転席のまわりに広がる景色も、サイドミラーから見える己のヒップラインも、いちいちうっとりする。

けれど、i8の本領はそれだけじゃない。実はとてもやさしいクルマでもある。運転席からガルウィングをひっぱって閉めた時、半ドアだとポーンと警告音が出る。スタートスイッチをオンにすると、また音がする。ドライバーが行う動作が的確に完了されているかどうかを、耳からも伝えてくれるのだ。

ドラポジを合わせて走り出すと、ハンドル操作がものすごく行いやすいことに気づく。交差点を曲がる時、駐車場するときの細かな取り回しなど、ハンドルの位置といい向きといい大きさといい、肩のつけねを軸にして腕がするする動くよう作られているのだ。乗れば乗るほど、i8がいかに人にやさしく設計されているかに気づいてしみじみする。強面でもやさしいって、ずるい。思わずよろめいてしまうけれど、車両価格(1966万円)の数字を見て正気にもどる次第である。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコン パクトカーを中心に取材するほか、最近はノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユー ザー視点でのインプレを執筆。

《レスポンス 岩貞るみこ》

最終更新:9月18日(日)20時0分

レスポンス