ここから本文です

錦織圭 超過密日程も「リラックスして過ごせている」

東スポWeb 9月18日(日)14時7分配信

 男子テニスの世界ランキング5位・錦織圭(26=日清食品)が18日に最終日を迎えた国別対抗戦デビスカップワールドグループ入れ替え戦、日本―ウクライナ(大阪・靭テニスセンター)の試合前にセンターコートに登場した。

 雨で試合開始が遅れ、松岡修造氏(48)が75分間にわたってトークで場をつないだ後、錦織は日本チーム4人で観客の前に姿を見せた。日本は3連勝し、すでに残留を決めている。

 錦織は「出だしの2勝がすごく大きかった。2人とも格上相手にいいテニスを発揮した。ダブルスも1日目のおかげで、すごくいいテニスができた」と振り返り、初日に登場したダニエル太郎(23=エイブル)と西岡良仁(20=ヨネックス)に感謝した。

 一方、全米オープンで4強入りした直後にデ杯に臨んだ心境も明かし「『出ない』というのも一瞬思いましたけど、ケガもなかったし、疲れがたまっていただけでなんとか間に合うんじゃないかと思いました」と明かした。

 休む間もなくツアーが続いている状況にも「いろんな人のおかげで、メンタル的にリラックスして過ごせている」と明るく話し、心配の声を一掃した。

最終更新:9月18日(日)14時7分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]