ここから本文です

【K-1】大雅が全試合KO&優勝宣言、王者・卜部にベルト返上要求も

イーファイト 9/18(日) 17:33配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』の前日計量&会見が、18日(日)都内にて行われた。

【フォト】計量を終えて写真撮影に臨む現王者・卜部弘嵩とヨハネス・ウルフ

 トーナメント出場8選手とリザーブファイト出場2選手は、13:00開始の計量を一発でクリアー。そんな中、1回戦で対戦する大雅(TRY HARD GYM)とハビエル・エルナンデス (スペイン)が額をつけて激しく睨み合い、スタッフに制止される一幕が見られた。

 今回のトーナメント出場選手中、最年少の20歳となる大雅は、4月の日本代表決定トーナメントを制した実力者。「ああやって気持ちをぶつけてきてくれたので、明日の試合がさらに楽しみになります。頭が硬かったので思いっきり砕いてやろうと思います」と、さっそくエルナンデスからの挑戦状に受けてたつ。

 大会に向けて「これは自分の大会だと思っています。しっかり3人をKOして優勝します」と全試合KO勝ちによる堂々の優勝宣言を叩きつけた。さらに止まらない大雅は、隣席の現K-1 WORLD GP スーパー・フェザー級(-60kg)王者・卜部弘嵩(K-1ジム・チームドラゴン)に対し、「チャンピオンが負けたらベルトを返上してほしいですね。明日戦う可能性もありますが、改めてタイトルマッチを組むとか、僕は2回も戦いたくないので」と挑発。

 これに対して卜部は「僕は自分が優勝することしか考えていないので。こいつは優勝出来ないと思いますよ」と怒りを露にした。そんな卜部も2連敗&負傷からの復活が懸かったトーナメントとなるが、「自分がチャンピオンだということを認めさせる大会にしたい。今年はいろいろありましたが、明日優勝してしまえばチャラだと思っています」と汚名返上を誓った。

 一方、闘志を燃やす出場選手の中で、終始笑顔の余裕が際立ったのがパウロ・テバウ(ブラジル)。KO率70%を誇る強打者にして、今大会の優勝候補の呼び声も高い。マイクを握ると開口一番、「計量が終わって水しか飲んでいないので、とにかくお腹が空いています」と、意気込みそっちのけで空腹ぶりをアピール。試合に向けて「準備は万端です。今日は寿司でも食べて体調を整えたい」と笑顔を浮かべた。

最終更新:9/19(月) 3:06

イーファイト