ここから本文です

シメオネ、ヒホン戦2得点のグリーズマンを称賛 「昨季の欧州最高の選手」

GOAL 9月18日(日)22時27分配信

17日のリーガエスパニョーラ第4節、アトレティコ・マドリーは本拠地ビセンテ・カルデロンでのスポルティング・ヒホン戦で5−1の大勝を飾った。ディエゴ・シメオネ監督は試合後、アントワーヌ・グリーズマン&フェルナンド・トーレスが2得点、ケヴィン・ガメイロと1得点と、FW陣が全ゴールを決めたことに満足感を表している。

スペイン『マルカ』がアルゼンチン人指揮官のコメントを伝えた。

「我々はすべての試合でゴールを決める状況を生み出してきた。ガメイロ、フェルナンド、グリーズマンの全員がそうしていたよ。アトレティコには縦に早いストライカーたちが揃っており、最終ラインを抜け出す瞬間を待ち構えている」

「ガメイロは威厳のある選手であり、努力の姿勢からゴラッソを決めた。彼に自信を与えるゴールのはずだ。またグリーズマンは、私にとって疑いの余地なく昨季の欧州最高の選手だ。ユーロとチャンピオンズの決勝まで到達したのだからね。バロンドールの最終候補3名に残ることを願っているし、現在の調子を維持し続ければ絶対にそうなるはずだ」

シメオネ監督はこの試合、中盤の4枚をニコ・ガイタン、コケ、サウール・ニゲス、ヤニック・カラスコという攻撃的な選手で構成している。

「ガイタン、グリーズマン、ガメイロがいれば、カセス(スポルティングの右ボランチ)の背後で打撃を与えられると考えた。ときにはこういう形のプレーも見せるべきだろう」

また自身やチームを懸命に後押したカルデロンの観衆についても言及した。

「エモーショナルで、素晴らしい感情を呼び起こした。自分を後押ししてくれる人間がいるならば、心が壊れることは絶対にない。もし失敗を犯しても、幸せでいられるはずだ。その決定を支持してくれる人々がいるのだからね」

GOAL

最終更新:9月18日(日)22時27分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。