ここから本文です

G大阪 3連勝で2位浮上!井手口が初得点&決勝弾アシスト

スポニチアネックス 9月18日(日)7時1分配信

 ◇明治安田生命 J1第2S第12節 G大阪3―1名古屋(2016年9月17日 豊田ス)

 ガンバがジワリと来た。G大阪がMF井手口陽介(20)のリーグ戦初ゴールなどで名古屋に3―1と快勝。3連勝で2位に浮上した。

 窮地を若きボランチが救った。1―1の後半20分、リオ五輪代表MF井手口が左へ走り込んで大森からのパスを受けた。ファーのアデミウソンの動きを見逃さず、ピンポイントクロス。決勝点をアシストした。

 1点リードの後半ロスタイムには、中央でボールを受けドリブルで独走。J1初得点となる約25メートルの豪快ミドルを突き刺し3連勝を決定づけた。

 「良い形でアシスト、得点ができた」。屈託のない笑顔が浮かぶ。追いつかれた直後の前半42分に遠藤が右太もも打撲で負傷交代。井手口自身はそれまでにパスミスが続き、警告も受けていたため「オレが代わると思った。(自分がやるという)自覚よりも“良かった”と思いました」と明かす。それだけに両チーム4位の走行距離11・572キロを走りきり、「(19日から)2連休あるので頑張りました」と充実の表情を見せた。

 リオ五輪では2試合に出場。1次リーグ第2戦コロンビア戦では失点につながる痛恨のミスも犯した。ただ、スケールの大きさは同代表の手倉森監督も認める。3月のポルトガル遠征時に面談した時、「オレに気に入ってもらおうというプレーはいらない。自分がどういう選手になってA代表に食い込んでいきたいかを考えてプレーして欲しい」と持ち味の球際での強さをもっと追求するように諭された。闘莉王にも激しくチェックにいく姿勢は、今後の日本にとっても大きな武器となりそうだ。

 チームは2位浮上。「こういう優勝争いをする中で、自分がもっと中心になっていきたい」。成長した先に、第2ステージの優勝がある。

最終更新:9月18日(日)7時1分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]