ここから本文です

声優・米内佑希、仕事がない時期の自分を支えたもの

シネマトゥデイ 9/18(日) 19:02配信

 朝井リョウの小説を原作とするテレビアニメ「チア男子!!」で初めて主演声優の座をつかんだ米内佑希には、仕事がなく悩んでいた時期があったという。

 「放送が始まるまでは、僕ら声優も未知の領域なんです」と作品に臨むたびに緊張を味わっているという米内。特に本作は、彼にとって初のアニメ主演作。第1話の収録時には昼食用に買っていったサンドイッチを食べきることができないほど不安でいっぱいだったという。しかし話数を重ねた今、米内は「みなさんとお芝居を楽しめるようになりました」と笑顔を見せる。

 だがそんな彼にも苦悩の時期はあった。一時期は意を決して事務所に進退の相談を持ちかけたほどだったという。その彼を奮い立たせたのは、彼自身だった。プロになる、主役を勝ち取る。前向きな言葉を口に出すことで、自らを鼓舞した。「ダメだダメだって言っていると自然とそうなっちゃうんです。だから笑顔でプラスの言葉をつぶやく。恥ずかしくても自分だけに聞こえるように言えばいいんです」。本当は弱い人間なんですけど……と苦笑する彼だが、「正直、僕らの仕事って『個人の仕事』みたいなところがあって。だから自分が自分を信じてあげないとつぶれてしまうんです」と話す目は真っすぐだ。

 そんな米内に負けず、彼が「チア男子!!」で声を務めている主人公・坂東晴希も、柔道から男子チアリーディングへと自らを輝かせる舞台を移すも目標に向かってひたむきに打ち込む人物。そして晴希は、チアに誘ってくれた親友の一馬をはじめ、服装のセンスが抜群に悪いチア経験者、一生懸命チアに打ち込むが全くリズム感がない料亭の息子など個性豊かなメンバーと一緒に夢を追いかけるが、米内の周りにも晴希の仲間と互角、もしくはそれ以上の「個性の固まり」のような声優陣が集まっているという。

 米内は「僕が一番まともなんじゃないかというくらい」と照れ笑いしつつも、共に「チア男子!!」を作り上げている先輩声優陣が彼の支えになっていることを告白。「小野友樹さんが『佑希、頑張れ!』と背中を押してくれたり、(岡本)信彦さんが相談に乗ってくれたり、杉田(智和)さんが『何回でも付き合うよ』とさらっと言ってくださったり……」と振り返った。「今、青春を過ごしている感じです」と笑みを浮かべた米内は、アニメだけではなく「チア男子!!」チームと共に、音楽朗読劇「SOUND THEATRE チア男子!! ~GO! 音劇男子!!~」の舞台にも立つ。彼の青春はまだまだ続く。(編集部・井本早紀)

テレビアニメ「チア男子!!」は TOKYO MX ほかで放送中
「SOUND THEATRE チア男子!! ~GO! 音劇男子!!~」は舞浜アンフィシアターで上演
10月1日18:00~開演、10月2日12:00~開演、10月2日16:30~開演

最終更新:9/18(日) 19:02

シネマトゥデイ