ここから本文です

21世紀FOX副会長でF1新会長キャリー、シンガポールGPで挨拶回り「F1は初体験」

TopNews 9月18日(日)21時56分配信

F1を運営するフォーミュラ・ワン・グループの新会長となるチェイス・キャリーがF1シンガポールGP(18日決勝)でチーム代表らと面会した。

●【動画】スタート直後にヒュルケンベルグがクラッシュ!/F1シンガポールGP

F1の筆頭株主だったCVCキャピタルパートナーズは、保有するF1株式をアメリカのリバティ・メディアに売却することで合意している。

21世紀FOXの副会長でもあるキャリーは、「リバティ・メディアの話はもういい。これからはF1だ」とドイツの『Bild am Sonntag(ビルト・アム・ゾンターク)』紙に話している。

■F1初体験のキャリー

高層ビル群の中を駆け抜けるナイトレースを見たキャリーは、「ここにいられて信じられないほど胸が躍っているよ。F1は初体験なのでね」と話した。

メルセデスAMGビジネス部門エグゼクティブディレクターのトト・ヴォルフは、キャリーとの面会について『Speedweek(スピードウィーク)』にこう話している。

「彼はアメリカから豊富な経験を持ってきている。われわれのスポーツに大きな関心を寄せていることが感じられるし、“これからたくさん質問する”と言っていた」

「それが気に入ったよ。正しい態度だ」

■消えないエクレストン辞任のうわさ

『Bild am Sonntag(ビルト・アム・ゾンターク)』によると、F1最高責任者バーニー・エクレストンは16日(金)はキャリーと行動を共にしていたが、17日(土)にキャリーが各チームを訪れた際は姿がなかったという。

エクレストンは引き続きフォーミュラ・ワン・グループのCEOを続けることになっているが、辞任するのではないかといううわさが再燃している。

元FIA(国際自動車連盟)会長のマックス・モズレーは、新オーナーとエクレストンが対立する可能性もあると話していた。

モズレーのコメントについて、エクレストンは次のように話している。

「マックスは私を非常によく知っている」

「万が一、私が正しいと思わない方向に進んだ場合――私が間違っているかもしれないが――その場合は、間違いなく私が消えることになるだろう」

最終更新:9月18日(日)23時19分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]