ここから本文です

【K-1】日本人ヘビー級頂上決戦へ、上原誠とKOICHIが進化アピール

イーファイト 9/18(日) 19:37配信

 9月19日(月・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~』の前日計量&会見が、18日(日)13:00より都内にて行われた。

【フォト】約3年ぶりのリング復帰となる狂拳”竹内裕二と対する林健太

 ワンマッチ(プレリミナリーファイト3試合&スーパーファイト3試合)に出場する全選手が計量を一発でパス(ヘビー級選手は体重制限なしのため計量のみ実施)。あとは明日の試合開始のゴングを待つのみとなった。

 計量後、今大会で“K-1ヘビー級日本人エース決定戦”ともいえる大一番で激突する元RISEライトヘビー級&ヘビー級の二階級王者・上原誠(士魂村上塾)とK-1初参戦のKOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)が会見に出席。試合に向けて闘志を燃やした。

 今回、フィジカルを強化してきたという両選手。明日の試合に向けて、上原は「今回は試合に向けていろいろなトレーニングを取り入れてきましたので、そこを明日の試合で見せたいと思います」、対するKOICHIは「やれることは全部やってきました。あとは明日の試合で勝つのみです」とそれぞれが進化をアピールした。

 計量結果は上原が92.7kg、KOICHIが99.2kgとなり、上原は6.5kg下回る。上原は「体を大きくするトレーニングではなく、連動系のトレーニングを取り入れてきました。今まで持ち上がらなかったものが上げられるようになったり、出来なかったことが出来るようになったり、レベルアップしています」と体重差をものともしない自信を口にする。

 練習をともにしていた時期がある両選手だが、お互いに「練習では噛み合っていたのでよい試合になる」と好勝負を約束。上原からは「僕はしっかりKOしてエースらしい試合をしたいと思っています」とヘビー級エースは俺だといわんばかりの発言も飛び出した。

 また、今大会で2013年以来、約3年ぶりのリング復帰を果たす“狂拳”竹内裕二(菅原道場)も、対戦相手の林健太(K-1ジム・チームドラゴン)とともに会見に臨んだ。

 竹内は「体調もばっちり。明日はいい感じでブッ飛ばしたいと思います」と仕上がりの良さをアピール。「これから先もガンガンやっていこうと思っているので、ここでカチッと決めたい」と、勝って連続参戦に弾みを付けたいと言う。

 対する林は、2013年3月に兄の林将多が竹内に1RでKO負けしていることから、「しっかりKOして、兄のリベンジを果たしたい。そして(竹内を)早く引退させてあげたいですね」と宣戦布告した。

最終更新:9/18(日) 19:40

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。