ここから本文です

【富山】ヤス監督「まだ戦っているんだぞ」選手を鼓舞し0―3から大逆転勝ち

スポーツ報知 9月18日(日)6時6分配信

◆明治安田生命Jリーグ J3第22節 YS横浜3―4富山(17日・三ツ沢球技場)

 富山はアウェーでYS横浜と対戦し、0―3からの後半4発逆転で今季2度目の3連勝を飾った。後半16分、右CKからDF代健司(27)のヘッドが反撃の口火。同41分にMF大島康樹(20)が移籍後初となる右足弾で続き、同ロスタイム1分にMF衛藤裕(32)が同点PK。締めは追いついた4分後、FKをDF平出涼(25)が頭でねじ込み、大きな勝ち点3を持ち帰った。順位は暫定4位のままだが、J2、3入れ替え戦に出場できる2位・鹿児島と勝ち点1差に詰め寄った。

 富山の誰もが、大逆転勝利を信じていた。3―3の後半ロスタイム5分、右サイドで得たDF国吉の左足FK。DF平出が頭ごとゴール前に飛び込んだ。「失点の反省もあった。勝ち点3は諦めていなかった」。土壇場の決勝弾に、ベンチ前で仲間と抱き合って喜んだ。

 最下位・YS横浜の速攻に苦しみ後半8分までに3失点。それでも、三浦泰年監督(51)は「交代で強気な印象を持たせたかった。まだ戦っているんだぞ、と」。後半開始から2選手同時投入するなど鼓舞。同16分、右CKから口火ヘッドのDF代も「(交代策で)気持ちが高ぶった」と呼応した。

 今季2度目の3連勝で暫定4位ながらJ2、3入れ替え戦圏の2位・鹿児島と勝ち点1差とした。残り8戦。25日は3位・大分をホームに迎える。「3点差をひっくり返せたのは大きい」と平出。この勢いのまま大一番に臨む。(小沼 春彦)

最終更新:9月18日(日)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。