ここから本文です

夏色と秋色が「競演」 滋賀・日野、ヒマワリとコスモス見ごろに

京都新聞 9月18日(日)23時30分配信

 滋賀県日野町西大路の農業公園「ブルーメの丘」で、遅咲きのヒマワリとコスモスが見ごろを迎えた。夏と秋の花々による共演が訪れた人を楽しませている。同園ではこれまで、ヒマワリとコスモスの開花期に1カ月ほど間が開いていたが、今年は比較的開花が遅い「大雪山」という品種のヒマワリを植えることで途切れなく両者を楽しめるようにした。
 それぞれ約3千平方メートルの隣り合う花畑で、10万本のヒマワリと30万本のコスモスが競うように花を咲かせている。大津市坂本から訪れた大学生小篠健太郎さん(21)と田口由梨さん(21)は「季節の変わり目ならではのぜいたくな光景ですね」と話し、記念撮影を楽しんでいた。
 ヒマワリは今月下旬まで、コスモスは11月上旬までが見ごろ。要入園料。ブルーメの丘TEL0748(52)2611。

最終更新:9月18日(日)23時30分

京都新聞