ここから本文です

浦和が終盤10分で3発!劇的逆転星で首位奪取「これで取らないと李忠成が廃る」

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 「J1、FC東京1-3浦和」(17日、味の素スタジアム)

 浦和がFC東京に3-1で逆転勝ちし、勝ち点を28に伸ばして首位に立った。前節トップで年間1位の川崎は大宮に2-3で逆転負けし、3位に後退した。

【写真】浦和の「KLM」を忘れるな!李忠成今季10点目

 鮮やかな逆転劇だった。浦和が終盤10分間で3得点を奪い、敵地でFC東京に完勝。8月13日の第8節名古屋戦以来4試合ぶりに第2ステージ(S)首位へ返り咲いた。

 低調な内容で前半を折り返したが、後半開始早々の3分にPKで先制点を許すと目が覚めた。相手が3バックに布陣変更して逃げ切りを図ったことで、DF森脇が「自分たちにとってプラスに働いた」と振り返ったように浦和の勢いが増した。

 後半32分に途中出場の浦和FW李が頭で同点ゴールを突き刺した。3試合ぶりのゴールは今季10得点目。2桁得点は広島時代の11年以来5年ぶりとなり、浦和加入3年目で初の大台に乗せた。「逆境で点を取ることが価値を高める。これで取らないと李忠成が廃る」と胸を張った。2桁得点は興梠、武藤に続いてチーム3人目。“KLM”トリオがそろって大台に到達し「“KLM”を忘れないでほしい」と笑みを浮かべた。

 後半40分にオウンゴールで勝ち越すと、2分後にはFW興梠がダメを押した。残り5試合で第2S優勝に前進し、年間順位でも首位川崎に勝ち点2差と迫ったが、MF柏木は「そこが目標じゃない」と表情を引き締める。見据える高みは年間王者。歩みを止めることはない。

最終更新:9月18日(日)8時24分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合