ここから本文です

悪役か!?カスピアン王子ベン・バーンズ「パニッシャー」レギュラーに

シネマトゥデイ 9月18日(日)21時16分配信

 映画『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』でカスピアン王子を演じたベン・バーンズが、Netflixドラマ「ザ・パニッシャー(原題) / The Punisher」にレギュラー入りしたと TV Line が報じた。

【写真】カスピアン王にふんしたイケメン、ベン・バーンズ

 Netflixはキャスティングについてコメントを控えているが、2004年の映画版でジェームズ・カルピネロがふんした悪役ボビー・セイントを務めるのではないかとうわさされているらしい。

 「ザ・パニッシャー(原題)」は「Marvel デアデビル」の第2シーズンに登場したパニッシャーをスピンオフさせたドラマで、自警主義者フランク・キャッスル/パニッシャーをジョン・バーンサルが演じている。

 製作総指揮とショーランナーを務めることになったスティーヴ・ライトフットは、「フランク・キャッスルが目が離せないキャラクターである理由は、彼の複雑さと予測不可能なところにあると思う。彼の世界を掘り下げるのが楽しみだ。『Marvel デアデビル』でのジョンの演技を観て、このアンチヒーローを主人公にしたストーリーを彼と共に、さらに発展させられることに興奮しているよ」とコメントしている。

 ベンは、10月からアメリカで放送が始まる注目の新ドラマ「ウエストワールド(原題) / Westworld」にも出演している。(澤田理沙)

最終更新:9月18日(日)21時16分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。