ここから本文です

浦和興梠、李、武藤で首位!2桁得点3人はクラブ初

日刊スポーツ 9月18日(日)8時0分配信

<明治安田生命J1:東京1-3浦和>◇第2ステージ第12節◇17日◇味スタ

 浦和が「KLM2ケタ得点そろい踏み」で、第2ステージ首位に立った。東京戦では、後半開始直後にPKで先制を許す嫌な展開になったが、後半32分に、途中出場のFW李忠成(30)が同点弾。これを機に2点を加点し、逆転で勝利した。FW興梠(K)MF武藤(M)に加え、李(L)も今季10得点目で、クラブ史上初となる「シーズン2ケタ得点×3選手」も、達成した。

【写真】東京「守りながら攻める」不発…篠田監督采配が裏目

 会心の1発が、試合の流れを一変させた。後半32分。李は左MF関根がクロスの構えに入ると、中央で右手を上げて呼び込んだ。DF丸山に左手で制されたが、強引に体をねじ込み、体を投げ出しダイビングヘッド。「苦しい時こそ決めるのが自分の価値。決めないと、李忠成がすたる」。夜空に向かって咆吼(ほうこう)し、両拳を突き上げた。

 苦しい流れだった。ハーフタイム。年間、第2ステージともに首位の川崎F敗戦の報を聞いた。後半開始から出場の李が加わっての円陣では「向こうは負けた。行くぞ!」との声も上がった。しかし、開始直後にPKで失点。冷静な司令塔MF柏木も内心「あかん流れや」とほぞをかんだ。

 東京が5バックに切り替えたことで、逆に攻勢に転じることはできた。しかし、FWズラタンのシュートがクロスバーをたたくなど、1点が遠かった。それだけに、李のゴールは大きかった。チームは2点を加点し、一気に逆転した。

 浦和での東京戦は、これで6戦4発。第1ステージの東京戦でも、0-2の局面で得点。連敗を3で止める逆転勝利に導いた。逆境での強さは、古巣相手だけというわけではない。昨季天皇杯準決勝柏戦でも、延長後半終了間際に決勝弾を決めた。

 ピッチ外でも、勝負強さや強心臓ぶりは証明されている。5月には三鷹市のゴルフコンペに一般参加。見ず知らずの参加者の中で、プレーする重圧などないかのように、人生ベストスコアの「80」を記録し、150人中4位に入ってみせた。

 「苦境で決めるのが自分の価値」という言葉に偽りはない。そして浦和加入後、初の2ケタ得点。興梠、武藤に続く今季10得点目で、クラブ史上初の「3選手2ケタ得点」を記録した。それでも李は「まだまだ試合は続く。勝ち点2差を追うためにも、もっとゴールを」と先を見据えた。【塩畑大輔】

 ▼2ケタ得点がチーム3人 浦和FW李が今季10得点目。今季の浦和はFW興梠、MF武藤も10得点以上を挙げており、年間3人が2ケタ得点はクラブ史上初。年間2人は過去に6度記録されていた。今季は神戸もレアンドロ、ペドロ・ジュニオール、渡辺のFW3人が10ゴール以上をマーク。現行の18チーム制となった05年以降の最多記録は06年の川崎Fの4人(ジュニーニョ、我那覇、谷口、中村)。

最終更新:9月25日(日)8時36分

日刊スポーツ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]