ここから本文です

ゾーン守備など戦術試す ハンナリーズ、開幕前最後の実戦

京都新聞 9月18日(日)23時30分配信

 バスケットボールBリーグ1部の京都ハンナリーズは18日、京都両洋高で同2部の西宮と練習試合を行った。開幕前の最後の実戦でゾーン守備などの戦術を試し、延長の末に84-79で粘り勝った。
 京都は第1クオーター(Q)に14-21と苦戦したが、小島の積極的なドライブや、川嶋のスチール、岡田の3点シュートなどでリズムをつかんで逆転。第4Qに追いつかれたが、延長戦を制した。
 序盤はシュートやリバウンドのミスも目立ったものの、浜口ヘッドコーチは「新しい戦術を試しながら、攻撃後の守備など課題も見つけられた」と手応えを話す。佐藤主将は「第2Qからは攻守が安定した。スタートの出遅れを直していきたい」と力を込めた。

最終更新:9月18日(日)23時23分

京都新聞