ここから本文です

長谷川穂積 左手親指全治2カ月だった!進退は白紙強調

デイリースポーツ 9月18日(日)6時3分配信

 16日に世界3階級制覇を達成したボクシングのWBC世界スーパーバンタム級の新王者・長谷川穂積(35)=真正=が17日、MBSの情報番組「せやねん!」に生出演後、試合1カ月半前に脱臼骨折した左手親指が全治2カ月だったことを明かした。

【写真】3階級制覇を達成し、長男・大翔君に抱きかかえられる長谷川

 グニャリと変形した親指付近や手術で縫合した患部が、練習で約5センチも裂けた携帯写真も見せた。「練習のたびに裂けたんですよ」と、つぶれた左での勝利はまさに奇跡だった。

 国内男子最年長35歳9カ月での世界奪取でファンを歓喜させたヒーロー。世界王者のまま引退する可能性も否定しない。「やりたいと思ったら、やります。分からない。いつまでとかもない」と、進退は白紙を強調した。

 大阪市内で行われた一夜明け会見では、WBC世界バンタム級王座戦でV11を果たした王者・山中慎介(帝拳)と並んだ。「家族旅行に行きたい」と今後の予定を話すと「僕も一緒?」と山中がジャブ。「今から(予約)取ります」と絶妙の返しで笑わせた。

最終更新:9月18日(日)7時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]