ここから本文です

スリマニが2得点の活躍でレスターが快勝、指揮官はアルジェリアコンビに手ごたえ

AFP=時事 9月18日(日)15時28分配信

【AFP=時事】16-17イングランド・プレミアリーグは17日、第5節の試合が行われ、レスター・シティ(Leicester City)はイスラム・スリマニ(Islam Slimani)とリヤド・マフレズ(Riyad Mahrez)のアルジェリアコンビが活躍をみせ、バーンリーFC(Burnley FC)に3-0で快勝。クラウディオ・ラニエリ(Claudio Ranieri)監督は、アルジェリア代表の2人がクラブでも強力コンビを築けると考えているようだ。

 レスターはスリマニがプレミアデビュー戦で2得点を挙げると、マフレズもイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の年間最優秀選手に選出された昨季のプレーを取り戻し、ジェイミー・バーディー(Jamie Vardy)を加えた3人で息の合った連携を披露した。

 スリマニについて「非常に優れたパフォーマンスを披露していた」と評価したラニエリ監督は、「バーディーやほかの選手との連携も良かったし、試合を通じて激しいプレスをかけ続けていた。そういう長所があるからこそ獲得したんだ」とコメントしている。

「リヤドは欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2016-17)とこの試合、2戦続けて素晴らしかったし、今日のプレーにはとても満足だ。彼は大変賢い選手で、攻めも守りもクレバーだ。ラインの間でボールを受けることができる」

「もちろん、スリマニの加入をうれしく思っているだろう。しかし、彼は誰とでもうまくやれるよ」

 クラブ・ブルージュ(Club Brugge)に3-0で快勝したチャンピオンズリーグから中2日で迎えた試合だったが、ラニエリ監督はローテーションは組まず、脳振とうのカスパー・シュマイケル(Kasper Schmeichel)を休ませ、けがから戻ったダニー・シンプソン(Danny Simpson)を起用するにとどめた。

 20日のフットボールリーグカップ(England Football League Cup 2016-17)3回戦、チェルシー(Chelsea)戦ではメンバー変更も検討しているようだが、ラニエリ監督は今回のバーンリー戦に関しては、ブルージュ戦からの良い流れを継続することが重要だと考えたと明かしている。

「あまりたくさん代えることはしたくなかった。勢いを持続させたかったので、ゴールキーパーと右サイドバックだけにとどめた。勝てたことは大きいし、結果も上々だ。これで順位表の上半分に入ることができた。次はリーグカップのチェルシー戦に切り替える」

【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:9月18日(日)15時37分

AFP=時事