ここから本文です

「鉄拳」代表 vs 2D格闘代表の勝負の行方は!? 「鉄拳7」ステージイベントレポート

Impress Watch 9月18日(日)20時27分配信

 バンダイナムコエンターテインメントは、「東京ゲームショウ 2016」最終日となる9月18日に、プレイステーション 4/Xbox One/Windows用対戦格闘「鉄拳7」のスペシャルステージ「-最凶 VS 最強-」を開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 声優の小野坂昌也氏の司会進行で進んだ今回のイベントでは、まず原田勝弘プロデューサーが登壇。本作のゲーム内容の紹介が行なわれた。

 新キャラクターや新システムなどの概要について改めて説明される中、原田プロデューサーが強く推したのがストーリーモード。三島親子の因縁がついに明かされるというストーリーモードは、非常に壮大でドラマティックな展開が用意されており、「これまでのストーリーの集大成と言える(原田プロデューサー)」つくりになっているという。

 ゲーム紹介が終わると、いよいよ鉄拳代表のデク氏と2D格闘ゲーム代表のかずのこ氏によるエキシビジョンマッチが開始。対戦はデク氏が平八、かずのこ氏が豪鬼を使用しての3本先取制で行なわれた。

 かずのこ氏が2本先取して勝利に王手をかけると、デク氏も負けじと2本を取り返すという一進一退の攻防を繰り広げた。そんな熱戦を制したのはかずのこ氏。試合前に「“豪鬼”参戦から『鉄拳7』をバリバリやっている」という言葉が事実であることを証明した。

 イベントの最後には、原田プロデューサーが本作を総括。「対戦を盛り上げる演出を随所に仕込んであります。また、1人でも十分楽しめるようなストーリーモードも用意していますので、ぜひ買ってください。あと、「サマーレッスン」も作っているので、そちらもよろしくお願いします(笑)」と、ちゃっかり別タイトルのアピールも行ないながらイベントを締めくくった。

TEKKEN 7 & ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
©CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.

GAME Watch,村上 拓

【関連記事】

最終更新:9月18日(日)20時27分

Impress Watch