ここから本文です

R・ワイズ、46歳とは思えない美貌と微妙なドレスが話題

Movie Walker 9月18日(日)10時0分配信

顔をいじりすぎて変わり果ててしまうセレブが多いなか、レイチェル・ワイズ(46)のナチュラル・ビューティは常に絶賛されるが、今回は美しい顔と、センスが今ひとつなドレスで注目を集めている。

【写真を見る】残念なドレスを着て登場したレイチェル

レイチェルは、現在開催中の第41回トロント国際映画祭に出展されている『Denial(原題)』のキャストたちとレッドカーペットを歩いた。

今回センターでわけたロングヘアのレイチェルが選んだのは、ぷっくりとした白い長袖ドレス。上から下まで、トレンドを押さえたドレスで、デイリー・メール紙に掲載されている写真を見てみると、大きな花の刺しゅうがあしらわれたゴージャスなデザインだ。

今回も、46歳とは思えないツヤツヤでシワがなく、かつ自然な美しさが絶賛されている一方で、ストレートのロングヘアに、フリルや刺しゅうなどの主張がうるさいデザインのドレスは、評判が今ひとつだったようだ。

レイチェルは、2011年に結婚したダニエル・クレイグとの間に子供ができないことでストレスが溜まっており、「それが原因でダニエルは『007』シリーズの次回作でボンド役のオファーを断った」と一部のメディアで報じられていた。

しかし「レイチェルはとても幸せそうな顔をしている」「レイチェルの美しさは、内面からでているもの」とネットユーザーからは絶賛を受けている。【NY在住/JUNKO】

最終更新:9月18日(日)10時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。