ここから本文です

ソフトバンク和田 パ単独トップ15勝!強打の新人・吉田正に貫禄の投球

デイリースポーツ 9月18日(日)9時0分配信

 「ソフトバンク6-3オリックス」(17日、ヤフオクドーム)

 五回限りの降板では心の底から喜べないのが本音だろう。それでも、ソフトバンク・和田毅投手が重ねてきた15勝が、今のチームを支えているのは間違いない。この日は、好調なオリックスの勢いを最初に止め、チームに流れを呼び込んだ。

 初回1死二塁で迎えたのは吉田正。8日の対戦では痛い同点弾を浴びたが、直球で内角を突いて三邪飛。「左投手も苦にしないが、しっかり抑えたい」という言葉通りに強打の新人を抑えた。

 ただ、登板日の変更もあり、調整も難しかったのだろう。五回に4安打を集められて2失点。工藤監督は「左手を振ったり…。疲労が取れていないように見えたので、早めに代えましょうと佐藤(投手)コーチとも話していた」と明かした。

 打線は中村晃、内川、松田の中軸トリオが計2発5打点と爆発。和田はリーグ単独トップの今季15勝目を手にした。2位日本ハムが勝ち、優勝へのマジックナンバー再点灯はならなかったが、チーム一丸の勝利で首位をキープした。

最終更新:9月18日(日)9時23分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]