ここから本文です

アニメ「有頂天家族」続編決定に森見登美彦「前作超えた作品を」と期待

コミックナタリー 9/18(日) 14:59配信

森見登美彦原作、久米田康治キャラクター原案によるアニメ「有頂天家族」のイベントが、本日9月18日に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア 2016」通称京まふにて行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

金閣と銀閣の掛け合いとタイトルコールから始まったイベント「有頂天家族 捲土重来ステージ」には、下鴨矢三郎役は櫻井孝宏、弁天役の能登麻美子が登壇。はじめに2013年に放送されたアニメ「有頂天家族」の振り返りとして、本編のキャラクター紹介や、当時のインタビューの模様を収めた映像が上映された。

その後は櫻井と能登により、当時の思い出話しに。能登は「アニメが終わってからも、キャストの方と会ったときに『有頂天』の話をすることが多かったので、みんな本当に大好きな作品だったんだなと感じます」と明かした。

そしてステージには原作者の森見登美彦、吉原正行監督、P.A.WORKSの代表・堀川憲司プロデューサー、ランティスの斎藤滋プロデューサーも登場。ここで堀川プロデューサーの口から、アニメ「有頂天家族」のBlu-ray BOXがリリースされることが発表される。さらにもう1つ大切な発表があると司会から告げられると、櫻井は発表をもったいぶりながらも、観客へ「有頂天家族」への愛を問いかける。会場から大きな拍手が送られると、続編となるアニメ「有頂天家族2」の制作決定を発表し、客席には歓声とさらなる拍手が鳴り響いた。

「有頂天家族2」の制作について、吉原は「新しいキャラもちょこちょこっと出てくるので、そちらも含めていろいろ考えています」とコメント。また音楽について、斎藤プロデューサーは「1期の雰囲気はしっかり残しつつ、2期にあわせた音楽を提供していきます」と期待を煽った。

最後に櫻井は「(作品の舞台となる)この京都の地で素敵な発表ができて、本当にうれしく思っています。ぜひ2期も一緒に楽しみましょう」とメッセージを送り、堀川プロデューサーは「1期が終わって3年間、ずっと2期を希望してくださるファンの皆様がいて、ネット上での『2期を期待しています』という言葉が、僕の背中を押してくれたと思います」とファンへの感謝を述べた。森見は「第2部(「有頂天家族 二代目の帰朝」)は、僕なりは第1部を超えたものを書こうと思ってかなり苦しんだ」と口にしながら「監督にはあまり無理をしていただくのは悪いな……と思うんですけど、ぜひ1期を超えた作品を観せていただきたいなと思います」と笑顔で語った。

「有頂天家族」の続編となるアニメ「有頂天家族2」は、2015年に刊行された森見による小説の続編「有頂天家族 二代目の帰朝」を原作に制作。キャラクター原案は久米田康治、監督は吉原正行が前作から引き続き担当し、音楽制作はランティス、アニメーション制作はP.A.WORKSが務める。また主人公の三男・下鴨矢三郎役は櫻井孝宏、長男・下鴨矢一郎役は諏訪部順一、次男・下鴨矢二郎役は吉野裕行、四男・下鴨矢四郎役は中原麻衣、妖艶な美女・弁天役は能登麻美子が続投する。

アニメ「有頂天家族2」
スタッフ
原作:森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」(幻冬舎)
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン/総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介、岡本春美
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「有頂天家族2」製作委員会

キャスト
矢三郎:櫻井孝宏
矢一郎:諏訪部順一
矢二郎:吉野裕行
矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子 ほか

(c)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会

最終更新:9/18(日) 14:59

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]