ここから本文です

頭部にタイヤ痕、松戸で男性死亡

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

 17日午前4時55分ごろ、松戸市稔台の市道で、東京都中野区の会社員、中家貴規さん(32)が血を流して倒れているのを通行人が発見し110番通報。その場で死亡が確認され、頭部にタイヤ痕が残っていることなどから、松戸署はひき逃げ事件として捜査している。

 同署によると、現場は片側1車線道路。中家さんの両足は歩道の縁石に投げ出され、上半身が車道側に倒れていた。

最終更新:9月18日(日)7時55分

産経新聞