ここから本文です

ななみ、下北沢で2DAYS弾き語り公演「ギターなんて大嫌い」

音楽ナタリー 9月18日(日)15時14分配信

ななみが12月1、2日の2日間にわたって東京・下北沢440で弾き語りのワンマンライブ「~ギターなんて大嫌い~」を開催する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ワンマンライブの開催は昨日9月17日に東京・原宿アストロホールで行われた全国ツアー「白と黒の世界」の東京公演にて発表されたもの。新たに決定したワンマンライブのうち1日目には「~恋と愛のレクイエム~」、2日目には「~人と生のレクイエム~」という副題が付けられている。ななみが2日間続けてどのようなライブを繰り広げるのか、ファンは楽しみにしてこう。

なお現在開催中のツアー「白と黒の世界」のファイナル公演は、10月1日に大分・BRICK BLOCKにて行われる。

ななみ「ななみ 2016 tour“白と黒の世界”」(※終了分は割愛)
2016年10月1日(土)大分県 BRICK BLOCK

ななみ「nanami 2016 下北沢440ワンマン2DAYS 弾き語りLIVE~ギターなんて大嫌い~」
~恋と愛のレクイエム~
2016年12月1日(木)東京都 下北沢440

~人と生のレクイエム~
2016年12月2日(金)東京都 下北沢440

最終更新:9月18日(日)15時14分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。