ここから本文です

阿波踊り商都に熱気 郡山で県内外12団体競演

福島民報 9月18日(日)12時18分配信

 阿波踊りの愛好者が集う「みちのく阿波おどり2016in郡山」は17日、福島県郡山市のなかまち夢通りをメイン会場に、大町通り、JR郡山駅西口駅前広場で開かれた。商都の中心がにぎやかな踊りの熱気に包まれた。
 毎年催しており、郡山市の愛好者団体「うつくしま連」などでつくる実行委員会、福島阿波おどり協会の主催。うつくしま連をはじめ県内7団体と宮城、山形の両県、関東地方の5団体合わせて12団体が出演した。「にわか市民連」として一般参加者も当日、踊りの講習会を受けてから加わった。かんしょ踊り保存会、深山田じゃんがら保存会が特別出演した。
 一時、雨となったが、沿道を埋めた多くの観客は、力強い男踊り、華やかな女踊りに見入り、魅力を満喫していた。

福島民報社

最終更新:9月18日(日)12時51分

福島民報