ここから本文です

柳条湖事件から85年 瀋陽で式典、厳戒態勢に不満も

朝日新聞デジタル 9月18日(日)17時35分配信

 満州事変のきっかけとなった柳条湖事件から85年を迎えた18日、中国遼寧省瀋陽市の「九・一八歴史博物館」で記念式典があった。中央政府からは劉延東副首相が出席。周辺の警備は例年より強化され、厳戒態勢のなかで式典が実施された。市内で反日デモは見られなかった。

【写真】柳条湖事件の記念式典が終わり、会場となった「九・一八歴史博物館」に入る市民ら=18日、中国遼寧省瀋陽市、平賀拓哉撮影

 式典では事件の日にちなんで午前9時18分に劉副首相らが鐘を鳴らし、防空警報のサイレンが鳴り響いた。劉副首相は「習近平(シーチンピン)同志のもと緊密に団結し、偉大な愛国主義と抗日戦争の精神を発揚しよう」などと演説した。

 会場周辺には多くの市民が集まったが、今年は博物館沿いの大通りへの立ち入りが禁止された。「市民に見せないぐらいなら、日本に博物館を破壊させてしまえばいい」と警備担当者に不満をぶつける高齢女性もいた。(瀋陽=平賀拓哉)

朝日新聞社

最終更新:9月19日(月)0時27分

朝日新聞デジタル