ここから本文です

『仁王』の女郎蜘蛛にシブサワ・コウ氏が挑戦 “戦国死にゲー”で、“圧倒的な達成感”は味わえたのか?【TGS 2016】

ファミ通.com 9/18(日) 15:11配信

文・取材・撮影:編集部 古屋陽一

●この“戦国死にゲー”っぷりはいっそお見事
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。開催最終日となる9月18日に、コーエーテクモゲームスブースにて。“『仁王』チャレンジングステージ”が行われた。

 コーエーテクモゲームスの期待作ということで、東京ゲームショウ期間中は数多くのステージイベントが行われた『仁王』であるが、本イベントでは、“とある人”が、『仁王』のチャレンジステージに挑むという内容。イベントでは、まずは『仁王』のプロデューサーである早矢仕洋介氏とディレクターの安田文彦氏が登壇。“戦国死にゲー”をモチーフとした本作は、最初は難易度が高いと思われるかもしれないが、何度もチャレンジしていてなんとかゲームをクリアーすることで、“圧倒的な達成感”を抱けるようになると説明してくれた。戦国末期を舞台に、異国から来たウィリアムの活躍が描かれる本作。徳川家康役に市村正親さん、お勝役に武井咲さんが起用され、ストーリー的にも見どころのあるゲームに仕上がっているとのことだ。

 オンラインプレイでは、世界中のプレイヤーに助けてもらうことも可能で、さらに“血の刀塚”という興味深いシステムも搭載されている。こちらは、オンラインプレイヤーが倒させたところに刀塚が立っていくというもの。刀塚がたくさん立っている箇所は、それだけ激戦だったという証だ。ちなみに、プレイヤーがこの“血の刀塚”に触れると、ときに“屍狂い”が出現し、プレイヤーに襲いかかってくる。“屍狂い”は極めて手強いが、倒すと強力なアイテムを落としてくれるのだとか。

 と、ひとしきりゲーム概要の紹介が終わったあとは、肝心のチャレンジへ。お題は、女郎蜘蛛を撃退するという挑戦で、チャレンジャーとして登場したのは、『仁王』のゼネラルプロデューサー、シブサワ・コウ氏。来場者の前に姿を見せるや、「『仁王』の開発チームでプレイがいちばんもたもたしている」と、いきなり予防線を張り始めるシブサワ氏。それもそのはず、直前にソニー・インタラクティブエンタテインメントブースで行われた『仁王』の“一遊入魂”では、いいところまで行ったが敗れてしまったらしいのだ。しかも、シブサワ・コウ氏が見事クリアーすれば、来場者や実況中継の視聴者は、抽選で特製ポスターなどがもらえるとあっては、シブサワ氏の肩に責任がのしかかろうというものだ。

 そんなわけで、プレイ冒頭から慎重にゲームを進めるシブサワ氏。強敵が出現して、危なくなったと見るや、「危ない、危ない」とあたりはばからずに逃げだして、会場からの笑いを誘うのも、シブサワ氏の人柄ならではと言える。建物の中に入って、階段の下から踊り場にいる武士にヘッドショットを決めるべく照準を合わせるときは、「会場だとうまく操作できない」と、弱音を吐くひとコマも……。それでも、「順調過ぎますね」(早矢仕氏)との言葉通りに、スムースにゲームプレイは進み、いよいよ女郎蜘蛛とのボスバトルへ。順調に見えつつも、ボス戦直前で装備をチェンジするときに、うっかり腕と足の装備を外したままで戦闘に臨もうとしてしまうあたりは、ステージでのプレイということもあり、さすがに平静ではいられなかったのかも……。

 というわけで、女郎蜘蛛とのバトルへ! この女郎蜘蛛、体力を削られるごとにフォルムを変形させるなど、なかなかに手強い。シブサワ氏も得意の二刀上段で挑むも、女郎蜘蛛に抱きすくめられ一撃を浴びせられるなど、苦戦気味で、あっさり2回連続で“落命”に。

 3度目の正直ということで、今度は武器を斧に変えて挑戦。「一撃の攻撃力が強力なので、立ち回りさえうまくやれば」との早矢仕氏の言葉通りに、うまく立ち回り女郎蜘蛛の体力を減らすシブサワ氏。「女郎蜘蛛の動きを見切ってきたようです」(早矢仕氏)との言葉どおり、これは期待できるかも……と思った矢先に、あっさり一撃を喰らい“落命”。うーん、『仁王』聞きしに勝る“戦国死にゲー”っぷり。何となく諦めきれないシブサワ氏は、さらに4回目に挑戦するも惨敗。

 ほとんど心が折れかけていた(かのように見える)シブサワ氏に対して、早矢仕氏が「もう1回行きましょう!」と促すと、シブサワ氏も、「これで最後に!」と己を鼓舞するように5度めの挑戦に挑むと、会場からは期せずして大きな歓声が! そんなファンの声に後押しされる形でシブサワ氏は女郎蜘蛛に挑み、ついに倒したときは「やったー!」と大きくガッツポーズ。会場からは大きな拍手が湧き上がった。まさに、『仁王』の“戦国死にゲー”っぷりと、“圧倒的な達成感”を身を持ってPRしたシブサワ氏。終わったあとの「(クリアーできて)安心した」との言葉には、まさに実感が籠もっておりました。

最終更新:9/18(日) 15:11

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]