ここから本文です

観光地で男性に因縁つけ暴行、強盗傷人容疑で少年ら逮捕

朝日新聞デジタル 9月18日(日)18時15分配信

 観光スポットで知られる堺市の「旧堺燈台(とうだい)」で男性を暴行し、現金を奪ったとして、府警は18日、住所不定、無職少年(17)ら17~20歳の少年ら5人を強盗傷人容疑で逮捕したと発表した。5人は遊び仲間で、無職少年らは「金は遊びに使った」などと容疑を認めているが、3人は否認しているという。5人はいずれも当時19歳以下だった。

 少年課によると、5人は共謀し、7月9日午後9時45分ごろ、同市堺区大浜北町5丁の「旧堺燈台」を撮影していた男性(48)に「俺らを撮っていただろ」などと言いがかりをつけて土下座をさせ、後頭部を踏みつけるなど暴行。さらに、現金約1万円入りの財布とカメラレンズ(約3万円相当)入りのバッグを奪った疑いがある。男性は鼻の骨を折るなど2カ月のけがを負った。

朝日新聞社

最終更新:9月18日(日)18時15分

朝日新聞デジタル