ここから本文です

成田真由美が涙の7位入賞 100自で日本新

日刊スポーツ 9月18日(日)8時4分配信

<リオ・パラリンピック:競泳>◇17日◇女子100メートル自由形(運動機能障害S5)



 日本最多の通算金メダル15個の成田真由美(46=横浜サクラ)が、1分26秒39の日本新記録で7位入賞を果たした。全体7番目で通過した予選で出した1分26秒91の記録を、決勝でさらに更新した。

 今大会では複数の種目で日本記録、アジア記録を次々と更新するなど、存在感を見せつけた。「目標を持ってたくさんの人の力を借りて突き進むもとができて、感謝の気持ちでいっぱいです」と涙声で話した。4年後の東京大会の出場については「それはまだ」と、まだイメージできないようだった。

最終更新:9月18日(日)11時8分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。