ここから本文です

【全日】カシンがやりたい放題で青木撃破 王道T準決勝進出

東スポWeb 9月18日(日)19時52分配信

 全日本プロレス「王道トーナメント」2回戦が17日、横浜ラジアントホールで行われ、注目の“悪魔仮面”ケンドー・カシン(48)は青木篤志(38)を撃破し、準決勝(19日、後楽園ホール)進出を決めた。

 腹部に永田裕志、将軍岡本、民進党の蓮舫新代表という何の脈絡もない3人の写真をペイントした姿で登場したカシン。一方の青木は売店へ直行すると、自腹でカシンキャップ(3000円)を購入。これをかぶって挑発した。

 試合は�カシンワールド�一色だった。カシンがフォールにいくとボンバー斉藤レフェリーが高速カウントを入れるのに対し、青木の場合はスローカウント。観客席からは「レフェリー、グルだろ!」「阿部四郎か!」などのヤジが飛び交う。

 しかもカシンは、持参した大怪獣モノの卵が奪われると激高。首固めを決めたところに高速カウントが入り勝利を収めた。試合後は青木に向かって「はぐれIGF軍」のTシャツを示して「一緒にやろう」と声をかけたが、青木はもちろん拒絶。それでもこりずにバックステージで「彼もはぐれたいんじゃない?」と入場待ちの秋山準に勧誘工作を仕掛ける始末だ。

 とにかくこれにより、準決勝の相手は因縁の諏訪魔に決定。カシンは「(19日の)セコンドがいない。諏訪魔が(大物セコンドを)連れて来いと言ったけど…。もしよかったら『怪獣モノに卵を返すから後楽園に来てくれ』と書いてくれ」と言い残すと、姿を消した。

 ここを突破すれば同日の優勝決定戦進出が決まる。

最終更新:9月18日(日)19時52分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]