ここから本文です

【POG】ユタカ騎乗ワンダープチュックが差し切る

デイリースポーツ 9/18(日) 13:52配信

 「2歳新馬」(18日、阪神)

 芝1800メートルで争われたメイクデビューは、ハーツクライ産駒の3番人気ワンダープチュック(牡、栗東・河内)が1分50秒5のタイムでV。好位の内でスムーズに立ち回り、直線は前を行く2頭の外へ。鞍上の左ムチに応えてひと伸びを見せると、ゴール前できっちりととらえてフィニッシュした。騎乗した武豊騎手は「ケイコからまずまず動いていたからね。馬込みで我慢して上手に走っていたし、内容のあるレースができた。追ってからの反応もいいし、まだまだ良くなりそう」と期待通りの走りに笑顔を見せた。

 半馬身差の2着は逃げて粘り込んだ4番人気のスティッフェリオ、さらに3馬身差の3着には2番人気のアグネスウインが入った。なお、1番人気のディープインパクト産駒ザウォルドルフは、ペースが上がった勝負どころでついて行くことができず5着に敗れた。

最終更新:9/18(日) 13:57

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

なぜ今? 首相主導の働き方改革