ここから本文です

民進政調会長に大串氏=江田代表代行は留任

時事通信 9月18日(日)14時26分配信

 民進党の蓮舫代表は18日、新執行部人事について、政調会長に大串博志政調会長代理(51)を登用することを内定した。

 江田憲司代表代行(60)は留任させる方向で、主要人事が固まった。

 大串氏は財務省出身で、衆院当選4回。代表選で蓮舫氏を支援した。野田内閣で内閣府政務官や首相補佐官を務め、野田佳彦幹事長の信頼も厚い。江田氏は旧維新の党出身で、同党代表を務めた。

 このほか、辻元清美役員室長(56)も何らかの役職で執行部入りする見通し。蓮舫氏は連休明けの両院議員総会で、一連の人事案の承認を得たい考え。ただ、党内の一部では野田氏の幹事長起用に不満が収まっておらず、挙党体制が築けるかは不透明だ。 

最終更新:9月18日(日)14時29分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。