ここから本文です

但馬牛試食会&大妖怪展

毎日放送 9月18日(日)18時20分配信

 但馬牛の産地のひとつ、兵庫県新温泉町では肉の試食会が開かれました。
 但馬牛は赤身と「サシ」と呼ばれる脂身のバランスがよく、その脂肪が風味豊かに溶け出すことで知られています。きょうは高級な牛肉を100円で食べられるとあって、150食用意された牛肉はあっと言う間に完売しました。

 「おいしい、柔らかくてお肉の味がしっかり伝わりますね」(来場者)

 来週には、但馬牛をPRする祭りが行われます。
 
 かわってこちらはあべのハルカス美術館です。
 土偶から妖怪ウォッチまで集めたという「大妖怪展」その時代の恐怖や不安をあらわした妖怪、約120点が展示されています。巨大な骸骨が印象的な錦絵。正確な骨の描写が生々しさを表現しています。四谷怪談で有名なお岩さんは江戸時代の浮世絵師葛飾北斎の作品です。こちらは国宝、辟邪絵・しょう馗。12世紀ごろに書かれました。

 「漫画とかではよく見るんですけど、元の絵を見られるのは珍しい」(来場者)

 「大妖怪展」は11月6日まで開催されています。

毎日放送

最終更新:9月19日(月)12時13分

毎日放送

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。