ここから本文です

【競輪】小林優香は年内復帰目指す 5月に落車、7月に左肩手術

デイリースポーツ 9月18日(日)14時39分配信

 「共同通信社杯・G2」(18日、富山)

 第32回共同通信社杯が開催されている富山競輪場で18日、小林優香(22)=福岡・106期・A2=がトークショーを行った。3月の名古屋ガールズケイリンコレクション、5月の台湾国際大会で落車。6月16日の前橋出走後は欠場中で、7月7日には痛めた左肩の手術をした。「年内の復帰を目指してトレーニングをしています」とファンに報告した。

 現在は都内にあるJISS(国立スポーツ科学センター)でリハビリ中。「腱板損傷で最初は腕が上がらなかった。今は低酸素室でパワーマックスやワットバイクに乗って練習をしている。8キロまで落ちていた握力も40キロまで回復。10月には地元の久留米に帰ってバンクで練習して、年内には復帰したい。落車をする前よりパワーアップして、競輪場に戻ってきたい」と今後の見通しを語った。

最終更新:9月18日(日)14時54分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。