ここから本文です

キャラメルフレンチ差し切りV短距離路線へ/新馬戦

日刊スポーツ 9月18日(日)9時32分配信

<中山6R>◇17日=中山◇2歳新馬◇芝1200メートル◇出走15頭

 中山新馬戦6Rは3番人気のキャラメルフレンチ(牝、尾形和、父タイキシャトル)が快勝した。

 逃げるアルポアドールを捉え、1馬身1/4差をつけた。勝ちタイムは1分11秒2。木幡巧騎手は「調教でも相当いい動きをしていた。コーナーに向かう時もハミの取り方が違っていた。良かったです」と満面の笑みで話した。次走は未定だが、尾形和師は「体形的にも短いところが良さそう」と先を見据えた。

最終更新:9月18日(日)11時27分

日刊スポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。