ここから本文です

【阪神ジャンプS】関西障害界を掌握!ニホンピロバロンが5連勝

スポニチアネックス 9月18日(日)7時1分配信

 阪神8Rの阪神ジャンプSは単勝1・8倍と断然の1番人気に支持されたニホンピロバロン(牡6=田所、父フサイチリシャール)がV。今年初戦の中山新春ジャンプSから5連勝で重賞2勝目を挙げた。

 序盤は無理せず中団インで折り合いに専念。レースが動いたのは最終障害の2つ手前。外からマクるように進出すると、最終障害を飛び終え先に抜け出したアップトゥデイトとの叩き合い。バロンがアップを半馬身差かわした。「夏負け気味だったが、レースでは気合を出して走っていた。今回は馬の力に助けられました」と高田。この勝利で小倉サマージャンプ(11~14年)に続く、2度目の同一JRA重賞4連覇。このレースもグレード制導入後初となる7年連続連対の快挙を成し遂げた。今後は中山大障害(12月23日)が目標。

 ◆ニホンピロバロン 父フサイチリシャール 母ニホンピロアニカ(母の父キャプテンスティーヴ)牡6歳 栗東・田所厩舎所属 馬主・小林百太郎氏 生産者・北海道新ひだか町の福岡清氏 戦績44戦9勝(うち障害7戦6勝) 総獲得賞金1億7174万1000円(うち障害1億2803万2000円)。

最終更新:9月19日(月)7時17分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]