ここから本文です

マークセンが初優勝=日本シニアオープンゴルフ

時事通信 9月18日(日)15時58分配信

 男子ゴルフの日本シニアオープンは18日、千葉・習志野CCキング・クイーン(パー72)で最終ラウンドが行われ、シニア1年目の50歳、プラヤド・マークセン(タイ)が通算12アンダーの276で初優勝した。シニア通算は3勝目。

 マークセンは5バーディー、ボギーなしの67で回った。首位タイで出た鈴木亨は後半スコアを落として9アンダーの2位。3位は1アンダーの盧建順(台湾)だった。 

最終更新:9月18日(日)16時4分

時事通信

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。