ここから本文です

受賞者には最大5000万円の制作費、「木下グループ新人監督賞」募集開始

映画ナタリー 9月18日(日)21時50分配信

映画の企画を募集する「木下グループ新人監督賞」が始動。2017月1日31日まで応募を受け付けている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

映画会社キノフィルムズを有する木下グループによって実施される「木下グループ新人監督賞」。受賞企画には5000万円を上限とした費用が用意され、キノフィルムズのプロデューサーの手を借りながら制作が行えるほか、同社が配給も担当する。なら国際映画祭、東京国際映画祭と連携した同賞は、2017年5月にグランプリ1作品、準グランプリ3作品を発表予定だ。

審査委員長を務める河瀬直美は「日本において年間に制作される映画の多くは、大手映画制作会社が入っていないゆえに、国内配給が成立せずに公開されないと聞きます。それはいかに意欲や才能がある若手監督であっても、世に出ることが困難だということです。近年国を挙げて映画文化の向上に力を入れる韓国、中国の若手監督たちの世界的な活躍に比べると、日本人のそれを見つけるのが困難だといっても過言ではありません。そこに一筋の光を与えてくれるような、木下グループによるこの取り組みに、心より敬意を表します。この目で新たな才能の誕生を見届けたいと思います」とコメントしている。

※河瀬直美の瀬は旧字体が正式表記

木下グループ新人監督賞
エントリー期間:受付中~2017月1日31(火)

最終更新:9月18日(日)21時50分

映画ナタリー