ここから本文です

恋の悩み、AIが答えます 教えて!goo・ヤフー知恵袋の過去相談から分析

産経新聞 9月18日(日)7時55分配信

 接客や囲碁・将棋の対局などで活躍している人工知能(AI)が、一つの回答が見いだしにくい「恋愛」という分野にも進出し始めた。恋愛相談サービスや、好きな人との相性を診断するなどで、AIは過去のデータを基に素早く回答や提案をしてくれる。ただ、AIにも恋愛の“学習と経験”が欠かせないようで、どのサービスも回数を重ねることで性能を向上させているという。(大坪玲央)

                   ◇

 NTTレゾナントは、ポータルサイト「goo(グー)」に「教えて!gooのAIオシエル」を開設した。最も質問が多い恋愛相談について、NTTグループのAIを基に開発された「オシエル」が、過去の人と人との恋愛相談を分析して回答する。

 オシエルは、質問と回答をリアルタイムで学習するため、同じ質問でも10分前とは別の回答になるという。回答内容も「応援してます」というような無難なものだけでなく、「脈はないと思う」と断言したり、偉人の名言を引用して励ましたりすることもある。

 ヤフーは、Q&Aアプリ「ヤフー知恵袋」で「脈ありチェッカー」というサービスを開始した。

 米IBMのAI「ワトソン」が、「ヤフー知恵袋」にこれまで寄せられた恋愛相談を学習した上で回答する。恋愛相手がどういう人でどういう関係かなどを入力すると、付き合えるかどうかを「脈あり度」としてパーセント表示してくれる。脈あり度が高い場合は「積極的にアプローチしてみよう」などとアドバイスしてくれる。

 サイバーエージェントの子会社、アプリボットライフスタイルもスマートフォン向けアプリ「Qunme(キュンミー)」の提供を14日に開始した。好みの男性や女性の画像をいくつか選ぶことで、AIが顔認識技術を基にその人の好みをレコメンド(推奨)してくれる。

 各サービスは、恋愛という明確な答えがない悩みを通して、AIの性能向上を図るという技術開発の意味合いもある。NTTレゾナントの若井昌宏社長は「恋愛相談は技術的なチャレンジ要素が多い。一人一人に違った回答が出るように性能を上げたい」と語る。

最終更新:9月18日(日)8時6分

産経新聞