ここから本文です

【中山新馬戦】伏兵アルミューテン一人旅 勝浦「珍しいくらい素直」

スポニチアネックス 9月18日(日)7時1分配信

 中山5R新馬戦(芝1800メートル)は好スタートの6番人気アルミューテン(牝=南田、父スクリーンヒーロー)のマイペース逃げ。直線で後続を3馬身引き離して完勝した。

 勝浦は「珍しいくらい素直な馬。そんなに切れる感じではないので、4角からペースを上げていった。道中も楽だったし先が楽しみ」と絶賛。次走はアイビーS(10月22日、東京)かアルテミスS(同29日、東京)を視野に入れている。

最終更新:9月18日(日)13時56分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。