ここから本文です

飾り馬、復興の願い込めて 熊本城下で「神幸行列」

朝日新聞デジタル 9月18日(日)19時43分配信

 熊本市の秋の風物詩・藤崎八旛宮(はちまんぐう)例大祭の呼び物「神幸(しんこう)行列」が18日あった。熊本地震の影響で、例年の半分の35団体が参加。飾り馬や法被姿の勢子(せこ)らは「ドーカイ、ドーカイ」の掛け声とともに、復興の願いを込めて熊本城下計約12キロを練り歩いた。

【写真】藤崎八旛宮の例大祭で法被姿の勢子(せこ)や飾り馬が街を練り歩いた=18日午前、熊本市、金子淳撮影

 参加団体の一つ「託麻 北勢会」は「全国からの震災支援に感謝! 負けんぞ熊本!」と書いた横断幕を掲げた。市内の自宅が全壊し、19日から解体工事に入る同会奉納主の南部新一さん(54)は「つらいが、地震に負けない気持ちを伝えるために参加した」と話した。(沢田紫門)

朝日新聞社

最終更新:9月18日(日)22時35分

朝日新聞デジタル