ここから本文です

【ローズS】樫女王シンハライトが差し切りV 桜女王ジュエラーは惨敗

デイリースポーツ 9月18日(日)15時58分配信

 「ローズS・G2」(18日、阪神)

 何とか届いた形の辛勝。だが、直線で一気に追い上げた脚は、さすがオークス馬と思わせるものだった。単勝1・6倍の断然人気を集めたシンハライトが、ゴール寸前で粘り込みを図る伏兵クロコスミアをギリギリ、鼻差だけとらえてV。秋華賞(10月16日・京都)へ向けて、好発進を決めた。

 池添謙一騎手は「ギリギリでしたね」と苦笑い。「馬を信じていた。エンジンがかかってからはいい脚。坂を上ってからはかわせるかなと思った。ホッとしている。ひと夏を超えて馬体重も(前走比14キロ増)と増えていたし、いい形で本番へ向かえる」とうなずいた。

 一方、骨折明けとなった桜花賞馬ジュエラーはハイペースの好位を追走したが、直線は伸びを欠き11着。両G1馬が明暗を分ける形となった。

 11番人気で2着のクロコスミア、6番人気で3着のカイザーバルまでが、秋華賞の優先出走権を確保している。

最終更新:9月18日(日)17時9分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。