ここから本文です

レームが走り幅跳びパラ新記録で連覇達成

日刊スポーツ 9月18日(日)10時15分配信

<リオ・パラリンピック:陸上>◇17日◇男子走り幅跳び(切断などT44)

 8メートル40の世界記録保持者マルクス・レーム(28=ドイツ)が8メートル21のパラリンピック新記録で2連覇を達成した。

【写真】山本篤が銀メダル、自己ベストも金へあと8センチ

 1回目は7メートル13と低調だったが、跳ぶたびに記録を伸ばし、5回目で8メートル04と8メートルを超え、6回目に8メートル21をマークした。

 リオ五輪の金メダル記録8メートル38には及ばなかったが、今季の自身のベスト記録8メートル10は上回った。

最終更新:9月18日(日)11時31分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]