ここから本文です

上沼恵美子 高畑裕太のにらみつけをアテレコ再現 「おかあちゃんをいじめるな!」

デイリースポーツ 9月18日(日)16時10分配信

 お笑いタレントの上沼恵美子が18日、読売テレビ系「上沼・高田のクギズケ!」に出演し、強姦致傷で逮捕後、9日に不起訴処分となった高畑裕太(23)が絶叫調で謝罪し、報道陣をにらみつけるようにした映像に「これは謝ってない。怒ってる」とし、「育ちきっていないお坊ちゃん」と酷評した。

 番組では、高畑の絶叫調の謝罪映像を放映。約30秒、頭をたれる姿に上沼は「長い。誰かに言われたな」と分析。「さわやかな謝罪に見えましたか?怒ってたな」と述べた。

 上沼は続けて、「育ちきってない坊ちゃんに見えましたね。怒ってるねん」と話し、「これは謝ってない。育ちきってない。子供がオモチャ売り場で『おかあちゃん、オモチャ買って』って騒ぎ立てる顔立ち。怒ってますわ、おかあちゃんのこといじめやがってって」と自身も息子がいる母親として語った。

 MCの高田純次が「そういうふうにも取れるね」とフォローすると、上沼は「そういうふうにしか取れないわ」と一蹴した。

 謝罪の際、高畑が報道陣をにらみつけるようにして車に乗り込む際の様子を上沼はまね、「オモチャにすんなよ!俺は不起訴になったんや!おかあちゃんをいじめるな!」と絶叫調で話し、「このほうがアテレコするならね。こっちです」と語った。

最終更新:9月18日(日)17時58分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。