ここから本文です

『攻殻機動隊S.A.C. ONLINE』で『サドンアタック』レジェンドとプロeスポーツチーム・DetonatioN Gamingが激突!【TGS 2016】

ファミ通.com 9月18日(日)19時27分配信

文・取材:ライター バーボン津川

●お互いのプライドを賭けたガチな対戦を実施!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(以下、TGS 2016)。

 9月17日のe-Sportsステージにて、ネクソンが2016年11月末にサービス開始予定のPC用オンラインFPS『攻殻機動隊S.A.C. ONLINE』のエキシビジョンマッチが行われた。

 エキシビジョンマッチの前に、まずは『攻殻機動隊S.A.C. ONLINE』の概要が説明された。本作は世界的に人気の高いアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の世界をベースにしたゲームだ。草薙素子やバトーなどの有名キャラクターを操作して銃撃戦をくり広げる。それぞれが“光学迷彩(自身の身体を透明化させる)”や“アームランチャー(高威力のミサイルを放つ)”といった特有のスキルを持っているのが特徴だ。ほかにも、キャラクターを強化する“チップ”や、武器の性能を調整する“アタッチメント”などのカスタマイズ要素も存在する。

 詳しいゲーム概要は、先日行われたプレカンファレンスのリポート記事を参照してほしい。

※関連記事
『攻殻機動隊S.A.C ONLINE』公安9課の特殊技能をスキルで再現! 素子が光学迷彩で消え、バトーがアームランチャーをぶっ放す近未来FPSを先行体験!

 ゲームシステムの基本を学んだところで、いよいよエキシビションマッチの時間。プロeスポーツチーム“DetonatioN Gaming”のFPS部門に所属すプロプレイヤーチームと、『サドンアタック』(以下、SA)元日本代表スターチームが激突した。

 ここで選手たちのセッティング中に、Oooda氏が本作の気になるポイントを松下氏に直撃。キャラクターボイスにはアニメ版と同じ声優(田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんなど)を起用している。となると、気になるのは「誰が登場するのか」だ。

<<現時点で登場が明かされているキャラクター>>
草薙元子
バトー
トグサ
サイトー
イシカワ
ボーマ
パズ

 現時点で明らかになっているのは上記の7名だが、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』にはほかにも魅力的なキャラクターが多数登場する。「荒巻課長は出ないんですか?」というOooda氏の問いに対しては、「ゲーム開始時の解説などで登場します。この後のエキシビションマッチでも聞けると思います」と松下氏。また、「新キャラクターの予定は?」という質問には、「追加の予定はあります。ただ、どういったキャラクターが、というのはまだ言えません」とコメントした。これは今後にますます期待!

 そして、いよいよ注目のエキシビションマッチがスタート。1試合目から攻め側を選択した『SA』スターチームが猛攻撃を見せ、DetonatioN Gamingチームを圧倒。スナイパーライフルを使うOblivious選手を中心に、つぎつぎと敵を倒していく。あっという間に5本を先取し、陣営をチェンジ。

 後がなくなったDetonatioN Gamingは熱センサーで壁の向こうにいる敵の姿を確認できるサイトーのスキル“ヒートセンサー”を巧みに使用し、怒涛の攻めを見せて一気に4本を取り返した。しかし、またもやOblivious選手の狙撃が冴え、6-4のスコアで『SA』スターチームが1マップ目を勝利した。

 2マップ目はDetonatioN Gamingの攻めからスタート。1本目こそ『SA』スターチームに取られてしまうが、その後は慎重なクリアリングから着実に進軍していった。さすがはFPSの猛者プレイヤー。不慣れなゲームとは思えないほどの安定した立ち回りだ。陣営交代後もDetonatioN Gamingの勢いは止まらず、そのまま2本を連取して6-1のスコアでDetonatioN Gamingの勝利となった。

 2マップで勝負がつかなかったため、勝敗の行方は延長戦に委ねられた。ルールは2マップ目のダウンタウンでの1戦勝負。

 防衛側の『SA』スターチームは、セントリーガンを使えるイシカワで守りを固める作戦を決行。対する攻め側のDetonatioN Gamingはセントリーガンの使用を予測していたようだ。強力なアームランチャーでセントリーガンを一気に破壊するべく、メンバーにバトーを加えていたのだ。

 だが、その作戦を別の作戦で打ち破れるのも本作の魅力。『SA』スターチームはセントリーガンを破壊される前にサイトーのヒートセンサーを使用し、DetonatioN Gamingのメンバーを倒すことに成功。そのまま『SA』スターチームが勝利となった。

 エキシビションマッチとはいえ、相手のキャラ選択を見てカウンターとなるキャラクターを用意する高度な読み合いも見られ、試合は白熱。従来のFPSタイトルにはない要素が勝敗に影響する点がおもしろかった。原作ファンはもとより、FPSファン、対戦ゲームファンも十分楽しめるに違いない。

 まずは2016年11月2日から始まるオープンβテストに参加し、『攻殻機動隊S.A.C. ONLINE』の魅力を体験してみよう。

 もっと彼女たちの写真が見たい人はこちらをどうぞ。

『攻殻機動隊S.A.C. ONLINE』ブースでRQ忍野さらさんと清瀬まちさんに会えて興奮【TGS 2016】

コンパニオン情報を上司が教えてくれる【TGS 2016】

最終更新:9月18日(日)19時27分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。